How do you like Rakuten Technology Conference 2012 ? – 楽天TC2012 レポーター自己紹介

10月20日(土)に開催される楽天テクノロジーカンファレンス2012。Manaslink公認のレポーター隊が熱いレポートをお届けします!


■公認レポーター 伊藤 宏幸

自己紹介

こんにちは、伊藤 宏幸です。

Agile2012に引き続き、楽天テクノロジーカンファレンス2012でもレポータを務めさせていただくことになりました。

今回、セッションスピーカーのNicholas Muldoonさん、Masa Nakamuraさん、Jeff Pattonさんとは、Agile2012でもお話をさせていただいていました(Masaさんとは一緒にお酒を飲んだり、Jeff Pattonさんには成り行きでコーヒーをおごってもらったりするなど)。また前日・前々日は、Jeff PattonさんのCSPO研修に参加し、認定スクラムプロダクトオーナー(CSPO)を取得する予定です。

ちっとも他人な気がしない方々のカンファレンスでの活躍を、分かりやすく生き生きとお伝えできればと思います。

If you smell what the Hiro is cooking!!!

 

プロフィール

認定スクラムマスター(CSM)認定スクラムプロダクトオーナー(CSPO) ※予定

金融系の業務システム・パッケージ製品の開発・保守、および全社的なアジャイル普及活動・教育を担当。プロジェクト管理・フレームワーク開発・OSなどインフラ整備・ビジネス提案・要件定義・設計・プログラミング・テスト・運用・保守・教育……やれることはほぼ何でもやっています。

アジャイルのうち、特にチームワークやマインドセット(平鍋さんいわく「レフトウィング」)に興味があり、Mike Cohnさんの『Succeeding with Agile』の読書会を主催しています。


参考

Agile2012

伊藤 宏幸さんのレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です