懸田さん:勝手にあの人紹介(7)

勝手にあの人紹介
マナスリンクは、たくさんの方々の協力で成り立っています。
協力してくれる方は皆個性的で、一癖も二癖もあります。正直、相手をするのが面倒で仕方ないこともある、そんな愛すべき仲間たちを勝手に紹介します。

 

■腰リールと共に去りぬ

「昔活躍していたけど、今あの人は」的な文脈で、今最も語られやすいのが懸田 剛さんです。XP、アジャイル、腰リールなど最先端の話題で一世を風靡しながら、あるとき人知れず旅立っていったのでした。

懸田さん
Q:懸田さんはどれでしょう?

 

■懸念の田んぼは騎士らと愚痴る

普通のIMEでは「懸田」を変換してくれないので、私は「けねん」「バックスペース」「田んぼ」バックスペース×2として入力しています。急いでいると「念」を消し忘れて「懸念田」となってしまって、慌てて「念」を消すと、勢い余って「懸」まで消してしまい、もっと慌ててしまうのが私と懸田さんの関係です。
誰か良い入力方法をご存じでしたら、教えてください。

IMEで懸念田さん

そう言えば、TOC/CCPMの第一人者である岸良 裕司さんも、普通のIMEで出てこない方の代表格です。

普通に入力すると「騎士ら様」となります(これはこれでかっこいいのですが!)。そこで多くの方は「きし」「よい」「バックスペース」と入力されていると思いますが、岸良さんには人生で少なくとも8回くらい「岸良い様」と書かれたメールが届いているのではないでしょうか。

AgileJapan2012での岸良さん
Agile Japan2012で講演する岸良さん

そんな私の名前にも落とし穴があって、「○○の野口です。」と打とうとすると「○○の愚痴です。」となってしまうことがあります。ビジネスメールで、いきなり相手に愚痴れるくらいになれたらたいしたものですが、まだそこまでの域には達していません。

 

■未来を見つめるカルチャーカルティベーター

風の便りによると、懸田さんは四国でニュースタイルの開発ライフを実践中とのことです。

四国と言えば、そう、究極のセルフメイド建築で知られる「沢田マンション」です。四国で沢田マンション懸田さんのどんなコラボレーションが生まれるのか、それとも対抗して「懸田マンション」なるものが誕生するのか、懸田さんの動向から目が離せません。

沢田マンション
沢田マンション

懸田さんはランに挑戦中と伺っています。
私は今のところ、もっぱらロードバイクですが、ランも練習して一緒に四国を走りたいと思っています。よろしくお願いします!

 

もっと知りたい!懸田さん

@kkd

腰リールと懸田さん

EnterpriseZineと懸田さん

slideshareと懸田さん(抜粋)


これまでの勝手に紹介

勝手にあの人紹介コーナー

野口隆史
書き手:野口 隆史

このエントリーをはてなブックマークに追加

懸田さん:勝手にあの人紹介(7)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です