mm_04

書くのも消すのも自由自在

メモやノートなどの「アナログメモ」というと、
「紙にとる」というイメージがほとんどなわけですが、
近年は、そのイメージにとどまらない製品が多く出ています。

中でも
書いて消してを繰り返すことを前提とした製品」は、
同じアナログメモでも、従来の紙に書くだけとは
また違う感覚を味わうことができます。

書いて〜消して〜が容易に繰り返しできることで、

  • 書くときに躊躇しなくなるので、自由な創造力を邪魔しない
    → 創造力がアップする
  • 紙ゴミが出ないので、どんどんメモできる
    →ちょっと書き留めるのに便利

なんていう利点があります。

 

さてそんな製品の中で
私が活用しており、オススメしたい製品が2つあります。
それが「NUboard」と「ブギーボード」です。

 

ノートのように持ち運びできるホワイトボード「NUboard」

mm_04_2
いつでもどこでも使えるノートタイプのホワイトボード
【NUboard (ヌーボード)】

  • 各ページに透明シートを添付した2層構造。
    シートと本体の間に資料を挟んで文字を書き加えたり、付箋を貼るなどアイデア次第でいろいろな使い方ができます。ボード面の保護シートにもなります。
  • ページ数は新書判、A4判、A3判とも8ページ。

私は主に、アイデア出しに使っています。
マインドマップをばーっと書いたり、打ち合わせの一時的なメモをとったり。

製品の詳細は、過去にブログに書いていますのでこちらも合わせてどうぞ。

いつでもどこでも使えるノートタイプのホワイトボード「NUboard (ヌーボード)」がすごい5つのワケ 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】

 

先日、牛本革タイプが発売されました。
見た目にこだわるガジェットオタクの心をわしづかみです。

そしてそして、
キングジムのSHOT NOTEとのコラボも登場!
スマホでパシャッと保存ができて、これまた便利です。

 

書いて消してがワンタッチ「ブギーボード」

mm_04_3_360-270
書きごこちなめらか。新感覚の「電子メモパッド」ブギーボード

  • 優れた耐久性。約5万回の書き換えができます。
  • スリムなボディ!カバン等に入れて手軽に持ち出せます。
  • 書きごこちなめらか!感圧式画面なので筆圧で線の太さが変化。
  • ワンタッチ消去!ボタンを押すと瞬時に画面をリセット(消去)できます。

私は会社で「長期的な記録が不要な一瞬のメモ用」として使っています。
電話を受けた時のちょい書きや、
すぐに対応ができる要件のメモ書きなんかですね。

今までは付箋やメモ帳に書いていたので、その都度ゴミが出ていましたが、
これを使うと、さくっと書けるし、
ボタン一発でぱちっと消せるので便利です。

いくつかモデルが出ていますが、
私が使っているのは、一番最初に出たBB-1モデル
上位モデルだと、内蔵メモリ搭載で保存機能などもあるようです。

これも、以前ブログにレビューを書いていますので、参考までに。

「ブギーボード」と「NuBoard」を比較してみる 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】

 

文具を変えると思考が変わる

今回紹介した製品もそうですが、
文房具というのはただの道具であると同時に
自分の思考を外に出すための武器でもあります。

いつも使っている文具とは違うもの……
それも性質そのものが異なるものに変えたならば、
自分の思考の出方も変わってくる可能性があります。

いろいろと文具を試してみることで
自分の新しい面が見えてくるかもしれませんね♪


これまでの独り言

マインドマップイラストレーターの独り言コーナー

sawonya_profilie_129-150
書き手:やまもと さをん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です