Wi-Fi体重計は視力の悪い人への救いの手:マインドマップイラストレーターの独り言(3)

Wi-Fi体重計を買う

先日、こちらの本を読みました。

 

で、影響されやすい私。

前々から、ちょこちょこ気にはなっていたけれど
買う決め手に欠けて買わずにいたこの体重計を、
本の勧めに背を押されて買ってしまいました。

 

体重計に15,000円、
全く正気の沙汰じゃないね!

 

Wi-Fi体重計の思わぬ利点に気づく

さてこの体重計。
Wi-Fiで体重、体脂肪などが自動的にクラウドに送られ、
勝手にグラフ化されるという仕組み。

正直、この程度ならば、
普通の体重計で測って、手で打ち込めば済む話ではあります。

しかし買って使ってみたところ、
素晴らしい利点に気づいたのです!

それは、「裸眼でも体重が測れる」ということ!

視力の良い方には分からないでしょうが、
視力の悪い方にはよくよく分かるであろうこの話。

体重を測るときは大抵は素っ裸、つまり裸眼である可能性が高いのです。
しかし裸眼だと、体重計の目盛りが(たとえデジタルでも)読めないのですよ……。
しゃがむと正しい測定ができないし、
メガネをかけるといいとは言っても、
コンタクトユーザーには地味にめんどくさい一手間。

しかしこの体重計ならば、
乗った時に目盛りが読めなくても、後からクラウドで確認できる!
なんてすてきなことでしょう!

 

楽ができれば習慣化される

たかがそれだけ、と言われればそれまでですが、
人間、楽ができれば習慣化するモノです。

この体重計にしてから、毎日きちんと体重を測れるようになりました。
それまでは、裸眼だと面倒くさくなって見送ってしまうこともしばしば……。

投資して、楽を得て、習慣化の下地をつくる。

いや〜、いい買い物でした。
視力の悪い方はもちろん、手抜きしたいアナタにもオススメです。


これまでの独り言

マインドマップイラストレーターの独り言コーナー

sawonya_profilie_129-150
書き手:やまもと さをん

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です