イチローから学ぶ「スキルのかけ算」:食べ歩きSEの「野球っぽいお仕事の話」(9)

■お品書き

  • 陰りが見える?今シーズンのイチローとヤンキース
  • 明日から使える!イチローから学ぶ「スキルのかけ算」
  • 西荻窪で食べ歩き「ワインとつまみ イトキチ」

■本日のメインディッシュ

baseball09_イチローの言葉

陰りが見える?今シーズンのイチローとヤンキース

野球シーズンも終盤に入りつつある昨今、ネットやテレビ、新聞などでイチローの話題が出ない日はありません。

「イチロー、ダルビッシュ相手にマルチ安打!」
「イチロー、無安打ながらも守備で好プレー」

などといったニュースは、皆さんもよく見かけていると思います。

イチローが所属しているニューヨーク・ヤンキースのニュースもたくさんあります。生ける伝説デレク・ジーター、メジャーを代表する二塁手ロビンソン・カノー、球界屈指のクローザー、マリアーノ・リベラ、そして右の絶対的エース黒田 博樹、などなど……。イチローと同等もしくはそれ以上の選手を集め、常にプレーオフに進出し続ける強豪として知られるチームです。

しかし、今シーズンのイチローヤンキースも、本来の調子が出ていません。乱暴な言い方をすると、どちらも「陰りが見えている」状態です。

イチローは「シーズン3割200本安打が当たり前」というのは過去の話、常時スタメンのレギュラーだったのが、今はスタメンから外れる日もあります。

ヤンキースは、ジーターカーティス・グランダーソンら一線の選手の怪我や衰えと左腕エース、CC・サバシアの不調に加え、球団の財政事情(資産はあるけれど今は使えない、キャッシュフローの都合ですね)で思い通りの補強も出来ない、といった事が重なり、プレーオフ圏内はおろか、貯金を守るのが精一杯な状態です。カノー黒田がいなければ最下位だったかも……、と思うファンも少なくないに違いありません(私もその一人です)。

今年のヤンキースは地区優勝もワイルドカードも厳しいんじゃないかな?貯金は維持できそうですが……。

イチローから学ぶ「スキルのかけ算」

では、今シーズンのイチローは?

打撃の調子が上がるか、それともこのまま終わるのかは、打撃の専門家ではない私には分かりません。ですが、今シーズンのイチローを総合的に見ると、不調のヤンキースを支える存在になっています。

これはビジネスマン視点から自信を持って言えます。
なぜならイチローは「持てるスキルでヤンキースの他選手を圧倒」しているからです。バットが冴えなくても、出場させる理由が山ほどあるのです。

イチローが他の選手と比べて優れている所をリストアップすると以下のようになります(私見ですが間違ってはいないでしょう)。

1. 外野の全ポジション(レフト、センター、ライト)を高いレベルでこなす守備力

  • チーム一の強肩と広い守備範囲
  • 優れた打球の判断

2. 状況に合わせられる打撃力

  • どの打順でもこなせる柔軟性
  • 単打狙い、長打(ホームラン)狙いのどちらでもこなせる高い技術
  • 脚を絡めた巧みなスキル(バントヒット、ベースランニング、盗塁、など)

3. 卓越した野球頭脳と完璧な健康管理

  • 打撃・守備・走塁で、相手の意表を突いたトリックプレーを実行できる野球頭脳
  • メジャーデビュー以来、故障者リスト入りが一度しかない高い健康管理力

どれも、ヤンキースには必要なモノばかりです(特に守備力)。打撃、特にパワーに関しては、体力も体格も強靭な北米・中南米系の選手の方が優ってはいますが、走塁、守備、そして野球頭脳は、ヤンキースどころか、メジャーでも屈指のレベルです。

イチローは「日本人にはアタマしかない」の「アタマ(頭脳)」を

  • 肩 × 守備範囲 × 判断力
  • 柔軟性 × 打撃技術 × 脚
  • 野球頭脳 × 健康

と、持てる力・スキルと組み合わせて生かしているんです。

イチローはプロセス・ルーティーン重視型の選手として知られていますが、「かけ算」が上手い選手とも言えます。(と、私は勝手に決めました)
もちろん、シアトル・マリナーズ時代もこれらのスキルをフル活用していましたが(打順を除き)、今はヤンキースの苦しい台所事情と相まって、その良さがより生きている気がします。

ビジネスマンにも必要な「スキルのかけ算」

イチロー同様、私たちビジネスマンにも「スキルのかけ算」があります。
皆さんの周りにいる仕事が出来る同僚や上司を観察してみてください。彼らは必ずと言っていいほど「スキルのかけ算」をしているはずです。

  • プレゼン能力の高さ × PowerPoint力
  • マネージメント力 × 雑談ネタの多さ
  • 営業力 × 飲み会幹事力

学生時代や若手の頃に身に付けた能力、最近身に付けた能力、覚えている事。これらをかけ算しながら自分を高めている人が多いのです。一つのスキルに固執することなく、新しく覚えたことをかけ算していくイメージですね。

面白いところでは、
仕事(本業)の力 × 個人活動(趣味、サークル、週末起業など)の成果
をかけ算している人もいます。『人生が変わる2枚目の名刺~パラレルキャリアという生き方』という書籍に詳しく書かれています。とても面白いので、是非読んでみてください。

仕事・プライベートに関わらず「持っているものをかけ算」して自分を高める事は誰にでもできます。私たちも、イチローや優秀な同僚・上司に追いつき追い越せでかけ算してみましょう!

最後に
イチロー選手、日米通算4,000本安打おめでとうございます!
(でも、もうアスレチックスからヒット打たないでね……)

 

■今回の食べ歩き

ワインとつまみ イトキチ

つい最近(7月頃?)開拓したお店で、主にスペイン料理のつまみが出てくるワイン居酒屋さんです。
女性には優しく、男性には厳しい(?)、ちょっと個性的な名物店主(女性です)が軽快なトークと美味しいお料理で迎えてくれます。

baseball09_オシャレな外観
オシャレな外観
JR西荻窪駅の北口を出てちょっと歩いた所にあります。オシャレで特徴的な外観なので、すぐ見つかると思います。

baseball09_内装もステキ
内装もステキ!
店内は非常にシャキッとしていてオシャレです。一人飲みでも仲間で飲むのもいい感じです。

baseball09_落ち着いた二階席
二階席(読書なう)
一階はカウンターと小上がり、二階は落ち着いた雰囲気のテーブル席があります。
デートや仲間と飲むなら二階、一人でワインを飲みながら読書!なんて使い方も乙です。ちなみに店内にも本が置いてあります。

baseball09_最初はスパークリングワイン
最初はスパークリングワイン!
お店の自慢はワイン。主にヨーロッパのワインを扱っています。
私の場合、最初はスパークリングワインが多いです。

baseball09_オススメのサングリア
サングリア
女性には自家製のサングリアもオススメです。甘さも酸味もちょうどよく美味です。

baseball09_ふわふわとろとろのスペインオムレツ
スペイン風のオムレツ
つまみ(タパス)のメニューは日替わりです。そしてどれも美味いです。
初めて来店したときに食べたオムレツには感動しました。フワフワとろとろなんです!

baseball09_絶妙なバランスの肉料理
肉も美味しい!
先日、お店のイベントでふるまわれた豚肉の煮物。お豆と肉がうまく「かけ算」されていて美味しかったです。

このお店、男性も女性も一人で来店する人が多いで、一人飲みしたいけれど勇気が……、なんて人にとってもオススメです。

ワイン好きな人は是非行ってみてください!


これまでの食べ歩き

食べ歩きSEの「野球っぽいお仕事の話」コーナー

@shinyorke
書き手:中川 伸一

このエントリーをはてなブックマークに追加

イチローから学ぶ「スキルのかけ算」:食べ歩きSEの「野球っぽいお仕事の話」(9)」への4件のフィードバック

  1. RT @shinyorke: MLBファン的には「スキル」よりも「ツール」の方がしっくりくるかな?ファン以外の人にも読んで欲しいので、あえてスキルと表現しました。

    イチローに学ぶ「スキルのかけ算」:食べ歩きSEの「野球っぽいお仕事の話」(9) http://t.co/cXv1…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です