■今回のメインディッシュ

全力を尽くす・時間をうまく使う

野球選手と親善大使の二足のわらじ

昨年(2012年)12月、ニューヨーク・ヤンキース不動のセンター、カーティス・グランダーソン外野手が「MLB国際親善大使」として来日しました。
その際、日本のファンから受けた質問「スポーツと学業を両立させるためには?」に答えた言葉が、今回のメインディッシュです。(出典:来日時のインタビュー

前所属のデトロイト・タイガース時代を含め、過去7年間で1,070試合出場(年間平均152試合に出場、メジャーリーグは年間162試合)。常にバットを振り、グラブを手に走り続けているグランダーソン選手。野球選手としての仕事に加え、「MLB国際親善大使」として、ヨーロッパ、アジア、南アメリカなど世界中を飛び回り、野球の素晴らしさを世界中に伝えています。

シーズン中、出ずっぱりで多忙な彼は、なぜ親善大使として世界を飛び回っているのでしょうか?

幼い頃からの教え〜文武両道

その秘密は彼の生い立ちにあります。

父は体育の教師、母は科学の教師の家庭で生まれ育ったグランダーソン選手は幼い頃から、両親に次のような教えを受けていたそうです。

  • スポーツは、学業で一定成績を収めないとやらせない。
  • いろいろなスポーツにトライしていい。
    ただし、最後(シーズンオフ)までやり遂げること。
  • 一面的な人間になるな。
  • 他人には敬意を払え。

この教えを守り続けた彼は、

  • プロ入り後も大学に通い、二つの学位を取得(ビジネス経営学、ビジネス・マーケティング)。
  • 野球以外に、バスケットボール、陸上、クロスカントリーなど複数のスポーツを最後まで経験。
  • 人柄と野球への情熱をコミッショナーに評価され、「MLB親善大使」に任命。

時間をうまく使いながら、学業とスポーツを全力でこなしているのです。

ちなみに、大学卒業後の入団が当たり前な日本のプロ野球界(ときに高卒者や中退者もいますが)とは異なり、メジャーリーガーでは大学の学位を持つ選手はほとんどいないそうです(全体の5%にも満たない)。

幼い頃からの教えを守っている彼にとって「現役選手」と「MLB親善大使」の両立は、当たり前なのかもしれません。

ワークライフバランス

私たちビジネスマン、特に拘束時間の長いIT系の人間にとって、仕事と学習の両立仕事とプライベートの両立、この2つは、常に付きまとうテーマです。
大げさに感じるかもしれませんが、このテーマに答え続けることが成功の第一条件だと思います。

私はまだ明確な答えを持っていませんが(そもそも成功していないので)、グランダーソン選手の言葉と行動を私なりに解釈し、次のことを心がけることにしました。

1. やる!と決めたことは全力を尽くし、結果にとらわれない

何事にもチャレンジし、やり遂げることが大事。その結果、うまくいこうが失敗しようが過度に気にせず、次のチャレンジに生かす。

2. タスク(まとまり)単位で、仕事の時間を効率化する

技量を磨く、自動化する、道具の使い方を工夫する、などの知恵を絞り、たとえば、30分で出来ることを25分に効率化する努力を怠らない。

3. 不要と感じたことは一切、手を付けない

誰もがやっていることでも、自分が不要だと感じたら手を付けない。

これらは、この記事を書いた日(2月9日)から実践しています。まだまだ不完全な部分もありますけどね。

さまざまな知識と多様な経験の大切さ

グランダーソン家と同様、私にも親からの「これだけは守れ」という教えがありました。

  • ゲーム(ファミコン)は晩ご飯まで。食後は禁止。
    →ゲームばっかりするな!
  • 夜は、本をたくさん読むこと。
    →好きなことや勉強以外にも知見を広めよ!
  • 人付き合いは大切に。
    →人同士の関わりあいから学べ!

今思うと「学校の勉強と好きなことだけが人生ではない。もっと多くのいろいろなことを知り、学び、人として成長しなさい」という親心があったのでしょう。

これらの教えを、ときには破りながらも守っていったことで、勉強、仕事、たくさんの趣味に出会い、さまざまな人たちとの付き合いを経験することができました。新しい技術を覚え、仕事で活用したり、こうして趣味の野球にからめて自分の考えを発信できるのも、幼い頃からの親の教え「さまざまな知識と多様な経験の大切さ」を説かれていたからだと思います。
「一面的な人間になるな」というのは、グランダーソン家と一緒なわけです、光栄なことに。

私は貧乏球団アスレチックスの大ファンであり、お金持ち球団ヤンキースは、目の敵にしがちですが、人間カーティス・グランダーソンが好きになりました。
機会があれば、いろいろなお話を聞いてみたいなあ……、野球以外の話で。

あ、そうそう、2014年のバレンタイン、いち早く受付け開始したので、みなさんのご応募お待ちしています!(ぇ

参考文献

 

■今回の食べ歩き

醸造酒家KURA NISHIOGIKUBO

最近、ワインと日本酒を楽しむならココ!と決めているお店です。月に2〜3回は来ているかな(笑)

お気に入りの置物
お気に入りの置物

店内はカウンター+2名テーブル一つの落ち着いた雰囲気です。写真の置物は、私の大のお気に入りです。

オススメのロゼワイン
オススメのロゼワイン

ワインは赤、白、ロゼ、スパークリングと大体揃っています。
日によって用意してある銘柄が違ったりするので、私は店員さんにオススメを教えてもらいます(軽い感じのロゼがいい、重めの赤が飲みたい、など)。懇切丁寧に教えてくれるので、ホント助かります。

クリームチーズ西京味噌漬け
クリームチーズ西京味噌漬け

食事とおつまみは「本日のお品書き」に載っています。
お、これは年末に掲載した「今宵のディナー・オールスター2012」で一番セカンドだったクリームチーズ味噌漬けですね。ほんのり味噌の風味が、ワインや日本酒によく合うトップバッターです。(余談ですが、店長さんは野球好きです。)

オススメの日本酒
オススメの日本酒

日本酒もワインと同様、日によって用意されている銘柄が異なります。辛口、醸造、濁りなど、店員さんに好みを伝えてオススメしてもらうのがベストです!

和風小鉢
和風の小鉢。酒一筋!

きんぴらや煮付けなどの和風の小鉢もあります。この和食がとにかくレベル高い。是非食べてみてください。

ビーフカレーリゾット
ビーフカレーリゾット!

最近(この連載のために取材した)食べて感動したビーフカレーリゾット!
野菜の盛りつけにも驚きですが、味も相当おいしいです!メニューにあったら、是非食べていただきたいですね。

お酒、特にワインや日本酒が好きな方には自信を持っておすすめする「醸造酒家KURA NISHIOGIKUBO」。JR中央線・西荻窪に行く機会があれば、是非ともお立ち寄りください!(メニューは取材当時のものです。提供されていない場合もあるのでご了承ください。)


これまでの食べ歩き

食べ歩きSEの「野球っぽいお仕事の話」コーナー

@shinyorke
書き手:中川 伸一

4 Replies to “ヤンキース流「文武両道の教え」:食べ歩きSEの「野球っぽいお仕事の話」(6)

  1. 真面目な話はどうでもよくて、グランダーソンの真摯さと、KURAの仕事っぷりを伝えたいんだよ。あと、バレンタイン2014受付始めましたw #mlbjp ヤンキース流「文武両道の教え」:食べ歩きSEの「野球っぽいお仕事の話」(6) http://t.co/oPgcYieT

  2. RT @shinyorke: 真面目な話はどうでもよくて、グランダーソンの真摯さと、KURAの仕事っぷりを伝えたいんだよ。あと、バレンタイン2014受付始めましたw #mlbjp ヤンキース流「文武両道の教え」:食べ歩きSEの「野球っぽいお仕事の話」(6) http://t.co/oPgcYieT

  3. 日本人も負けていませんよ。

    全国高等学校選手権(インターハイ)つまり全国大会に出場して、東大、京大、医学部に進学している人がたくさんいますよ。

    卓球では、荒木基亮さん、高藤江美子さん、高藤雅史さん、山本章さんなどが医学部に。

    陸上では、長幡樹さんが医学部に、小山俊之さん、櫻井大介さんが京大に、渡邉拓也さん、早川晃司さんが東大に、また開成高校の向井頌之さんはインターハイ出場を決め、医学部を目指しているらしい。

    水泳では、中渡瀬智さん、杉浦祐太郎さんが医学部に、足立やすしさん、佐藤豪さん、山田尚輝さん、中辻雄哉さんが京大に、富永航平さん、岡崎健斗さん、が東大また、シンクロでは日本代表にも選ばれた加島文葉さんが医学部に。

    剣道では、鳴本敬一郎さんが医学部に。

    サッカーでは、木村剛さんが東大に。

    ゴルフでは、辻田晴也さんが医学部に、北側裕次郎さんが京大に、高野隆さんが東大に。

    バスケットボールでは、神﨑恒一さん、對馬誉大さんが医学部に。

    他にもそういうかたはたくさんいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です