How I Learned to Stop Worrying and Write a paper on RTC2012. – 楽天TC2012 レポーター自己紹介

10月20日(土)に開催される楽天テクノロジーカンファレンス2012。Manaslink公認のレポーター隊が熱いレポートをお届けします!


■公認レポーター 今江 雅俊

自己紹介

こんにちは、今江 雅俊と申します。

今回、ご縁があり、楽天テクノロジーカンファレンス2012でレポートを書かせていただくことになりました。

レポートを書くのは、Agile Japan 2012に続き2度目となります。楽天テクノロジーカンファレンスのセッションを聴講する1人のエンジニアとして、それぞれのセッションで感じたことをお伝えできればと思っています。

 

プロフィール

WebサービスやAndroidアプリ開発を行うエンジニア。
2011年からスクラムによるチーム開発に携わり、アジャイルなソフトウェア開発に出会う。スクラムや継続的インテグレーションなどのアジャイルなプラクティス、ScalaやPlayframework、Androidなどの技術ネタに興味があります。

認定スクラムマスター(CSM)アジャイルサムライ読書会横浜道場スタッフ。スクラム道スタッフ。


参考

Agile Japan 2012

今江 雅俊さんのレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です