「リーンUX流「顧客発見」ワークショップ」
 ~プラグマティック・ペルソナで顧客を見える化~

樽本 徹也氏 (インストラクター:荒川 正義氏、徳見 理絵氏、金 智之氏)
セッション詳細


 

「アジャイル meets スタートアップ!」このテーマで始まったAgile Japan 2012 東京サテライト。東京サテライト オープニングでAgileの”もうひとつの答え”として株式会社ソニックガーデン倉貫氏が提示した「スタートアップ」。このリーンスタートアップの特徴は製品開発と顧客開発を平行して行うことです。顧客開発の第一ステップは「顧客発見(Customer discovery)」です。そして顧客発見プロセスの中でも、一番最初 に行うべき作業が「ペルソナ」の作成です。

 

アジャイルUCD研究会 樽本氏のワークショップでは、参加者が実際にペルソナの作成・検証を行いました。

樽本氏はワークショップ導入部で

  • 「ペルソナはツールであって目的ではない」
  • 「ペルソナを作って、何をするかが重要」
  • 「Agileでのペルソナは、要求の根拠・裏づけではなく、顧客を見つけるための手がかり」

と強調されていました。

今回のワークショップは「明るい悩み相談室」と題し、2パターンのインフォーマントについて、ペルソナの作成・検証を行いました。今回対象となったインフォーマントは「朝起きられない人」と「方向音痴の人」でした。

Step1.仮説ペルソナでは、参加者1人1人がそれぞれプラグマティック・ペルソナの作成を行いました。
ここでのポイントは、

  • 名前は覚え易いものを
  • アイコンを必ず描く(アイコンによって識別することが目的)
  • 行動特性が最も重要

 

Step2.仮設ペルソナその2では、各々が作成したペルソナを持ち寄りチームで統合したチームペルソナの作成を行いました。
ここでのポイントは、

  • チームビルディングを兼ねて自己紹介
  • 各々が作成したペルソナも紹介
  • チームペルソナは一匹

 

Step3.記者会見では、実際にインフォーマントに対しインタビューを行いました。
ここでのポイントは、

  • 普段の行動に関する質問をする
  • 作成したペルソナを検証できるような質問をする
  • 質問する側が、行動体験を持たないことに関して質問する

 

Step4.仮説ペルソナその3では、チームで統合したチームペルソナの改定を行いました。
ここでのポイントは、

  • 記者会見で得られたデータを基にペルソナを改訂
  • 新しい紙に書く
  • データを基に作成されるペルソナが一匹とは限らない

 

最後に、チーム間でチームペルソナを比較した結果、ほぼ収束した内容となりインタビューを行ったインフォーマントから見てもほぼ違和感のないペルソナとなりました。

このワークショップを通し、

  • ペルソナの検証を重ねることで価値を届ける対象を正確に捉えることができる
  • プロダクトの価値を高めるには、こういった検証プロセスはUXerなどの専門家だけでなく、開発者も積極的に学び参加すべき

と強く感じました。


東京サテライト公認レポーター:今江 雅俊
(早版はスピードを重視した版です。内容の充実度よりもいち早く発信することを優先しています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です