[8/12] Agile2012の舞台 Gayload Texanホテル – Agile2012 現地レポート(3)

こんばんは。こちらは夜の22:30です。
今日は時差ボケ対策のための休日を過ごしています。せっかくなので、今回、Agile2012が開催されるホテルを紹介させてください。

 

■外から見たGayload Texanホテル■

Gayload Texanホテルは、ダラスの北西にあるグレープバインという場所にあります。ダウンタウンから離れた場所にあるリゾート地となり、周りには何もありません。ホテルの敷地はとても広く、円形の建物はドームによって覆われています。

私は今回でAgile Conferenceへの参加は3回めですが、今までで一番楽しめるホテルだと感じました。外の気温はとんでもなく暑い(先週は平均38度ぐらいあったらしい)のですが、ドーム内は冷房が効いており少し寒いぐらい。

 

■24時間カフェ

24時間開いているカフェもあり、朝食時は混雑していました。

 

■ディスニーランドのようなセット

ドーム内はディズニーランドのようなセットになっており、ドーム内を流れる川のそばでディナーを楽しむこともできます。


 

■スポーツバー

ホテルにはスポーツバーがあり、ダルビッシュ選手の所属する地元テキサス・レンジャーズの試合が開催されると大盛り上がりするそうです。

 

■屋外プール

部屋のそばには屋外のプールがあります。ホテル内はちょっと寒いので、記事を書くときはここに集合することになりそうです。夜12時まで泳ぐことができ、テキサスの気候は乾いた暑さなので、とても気持ちよく過ごせます。

 

■コンベンションセンター 〜Agile2012会場

カンファレンスは、コンベンションセンターで開催されます。

このコンベンションセンターもとても大きい施設で、ワンフロアで20近くのセッションルームがあります。

廊下には、オープンジャムという即興のセッションを開催できる場所が設置され、夜にはたくさんのソファーが運ばれていました。電源もあることから、ソファーにはたくさんのエンジニアが集まりそうです。

夜にはカンファレンス参加者の受付も始まり、カンファレンスのパスをぶら下げたアジャイラーをホテルの至るところで見かけるようになりました。

 

■Agile Conferenceお馴染みの門

スポンサーブースへの入り口には、お馴染みの門が建てられていました。今回も世界中のツールが展示されます。

会場を見ると開催が待ち遠しくなりますが、毎年思うのは、やはりその規模の大きさが桁違いなことです。今年も14ステージ以上が並行で開催され、2,000人近くの人が集まります。それだけの人数が集まり、朝食、昼食、パーティで交流するイベント。

今年も新しい発見をしようと思いました。


Agile2012現地レポーター隊「アジャイルクローバーZ藤原 大

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です