• 著者:宮西ナオ子
  • 発行所:三笠書房
  • 価格:533円+税
  • お薦め度:★★★★☆(★5つが最高)

概要

早起きの10の効果として、本書では以下の例を挙げている。

  1. アンチ・エイジング効果(若返り)。
  2. 肌が美しくなり、表情がよくなる。
  3. ダイエット効果があり、健康になれる。
  4. 交友関係や出会いがすばらしくなる。
  5. 考え方が積極的になる。
  6. 生活習慣が改善される。
  7. よい仕事がどんどん入ってくる。
  8. 頭がすっきりとしてよく働くようになる。
  9. 物事がおもしろいように好転する。
  10. ツキを呼び込む。

(P36)

早起きをするためのコツについても述べている。

眠れないなら起きている(P138)

早起きをしたいと思ったら、まず明日無理してでも起きること(P148)

目が覚めたらとにかく体を起こす(P168)

早く寝る努力を惜しまない(P175)

目次

  • 第1章 本気で眠れ-爽快な目覚めはそこから始まる!
  • 第2章 いつもより「二時間」早く起きるとこんな効果が!
  • 第3章 王様の朝、奴隷の朝-あなたはどちらを選ぶ?
  • 第4章 「質のいい眠り」で脳がどんどん活性化していく!
  • 第5章 目が覚めたらすぐ起きる、起きてすぐやる
  • 第6章 朝二時間の時間革命-このわずかな時間が人生を決める!

お勧め度

★★★★☆(★5つが最高)

著者が二時間にこだわる理由はここにある。

朝二時間早く起きるためには、当然、前日の夜は早く寝ようと心がけるはずだ。しかし一時間早く起きるのでは、今より朝の時間に余裕ができるくらいで、前日の夜の行動までは変化しないだろう。朝二時間早く起きようとすることで、あなたの行動パターンが変わってくる。そこがポイントなのである。(P35)

「『言うは易し、行うは難し』のイメージはありますが、そんなに難しいことでもないですよ。まずは始めてみませんか-。」という雰囲気が漂う本。目新しいことが書いてあるという類の本ではないが、背中を押してほしいと望んでいる人には、良。

柴田  浩太郎 2010.6.18

富士通株式会社 柴田浩太郎(SHIBATA Kohtaro)

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介を許可をいただいて掲載しているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です