• 著者:デビット・グラハム
  • 訳者:白石 豊
  • 発行:大修館書店
  • 価格:1,800円 + 税
  • お薦め度:★★★★☆

概要

プロゴルファーの著者が経験と研鑽をふまえて記した本。

まずは、ゴルフにおけるメンタルコントロールの大切から。

ゴルファーがコースに出て実際にボールを打っている時間は、なんとラウンド時間の1%以下だと言われている。99%以上の時間が、次のショットを打つ準備や待ち時間に使われている。つまりゴルファーは、ラウンド時間の99%をメンタルコントロールしなければならないのである。(はじめに)

次に、自分の苦い経験を。

どんなトーナメントに出ても、一打一打がすべて生死を分けるショットだと考えるようになっていった。そのためプレーは遅く、いつもいらついてクラブを放り投げたり、至るところで口論したりした。(P27)

転機は、妻と友、そして素晴らしい成果を出す「心のコントロール」との出会い。

勘違いしてもらっては困るが、ここで私は、ゴルフをやる時にまるで感情のないロボットのように振る舞えと言っているのではない。本当に大切なのは、ショットの良し悪しではなく、それにどう対処すれば自分のためになるのかと考えることなのである。(P45)

そしてその方法は、豊富な具体例と、往年のビックプレイヤーたちとともに…

目次

  • 序章 新時代のゴルフ
  • 第1章 回想 -私のゴルフ人生
  • 第2章 なぜゴルフは難しいのか -ゴルフに特有な問題とその解決法
  • 第3章 メンタル・タフネスの要素 -偉大なプレーヤーどこが違うか
  • 第4章 ゾーンの威力 -不思議な心の状態
  • 第5章 心の総合力を身につける -実践のための応用テクニック
  • 第6章 勝利の秘訣 -メンタル・タフネスの完成
  • 第7章 メンタル・タフネス度のチェック -ゾーンに入る秘訣

お薦め度

★★★★☆

ゴルフをする人はもちろん、「どんな場面でも実力を発揮できる強靭な精神力」が欲しい人にお薦め。

2012年09月08日

富士通株式会社 柴田浩太郎(Kohtaro Shibata)

Kohtaro Shibata

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介をご本人の許可をいただいて掲載しているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です