図書紹介:読んでから死ね! 現代必読マンガ101

/p>

  • 著者:中条 省平
  • 発行:文藝春秋
  • 価格:1,400円 + 税
  • お薦め度:★★★☆☆

概要

週刊文春1998年~2003年に連載されている記事がベースとなっているので、若干古めかしいラインナップであるが、喜怒哀楽をおりまぜた101のリストには食指が動かされる。

目次

【あ】 赤塚不二夫『赤塚不二夫1000ページ』

【か】 加藤伸吉(画)・杉本玲一(作)『国民クイズ』

【さ】 西原理恵子『ぼくんち』

【た】 高野文子『黄色い本』

【な】 永井豪『デビルマンレディー』

【は】 萩尾望都『残酷な神が支配する』

【ま】 松永豊和『バクネヤング』

【や】 安永良和『王道の狗』

【わ】 わたなべまさこ『金瓶梅』

お薦め度

★★★☆☆

本でもマンガでも名作に目を通すことは、(好き嫌いは置いといて)貴重な体験になるはずだ。

2012年06月06日

富士通株式会社 柴田浩太郎(Kohtaro Shibata)

Kohtaro Shibata

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介をご本人の許可をいただいて掲載しているものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です