図書紹介:ダブル・ジョーカー

  • 著者:柳 広司
  • 発行:角川書店
  • 価格:1,500円 + 税
  • お薦め度:★★★★☆

概要

帝国日本陸軍内に設立された二つの秘密組織の戦い。一つは謎につつまれたD機関。そしてもう一つは、そのD機関に対抗すべく設立された、エリート中のエリートメンバで構成された風機関。組織の生き残りを賭けた諜報活動が静かに幕を開ける。

目次

  • ダブル・ジョーカー
  • 蠅の王
  • 仏印作戦
  • ブラックバード

お薦め度

★★★★☆

五つの短編。表題のダブル・ジョーカーもいいが、セリフが多くて少しテイストの違う「蠅の王」も捨てがたい。

2012年03月20日

富士通株式会社 柴田浩太郎(Kohtaro Shibata)

Kohtaro Shibata

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介をご本人の許可をいただいて掲載しているものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です