• 著者:成毛 眞
  • 発行:三笠書房
  • 価格:553円 + 税
  • お薦め度:★★★☆☆

概要

本を1冊2冊で数えるのではなく、1トン2トンで数える著者の「超並列」読書術。「場所ごとに読む本を変え、1日のなかで何冊もの本に目を通す読書法」(P14)とある。

目につくところに本を置いておき、基本的に持ち歩かない。場所ごとに、それもなるべく極端に多種多様な本を置くのがコツだそうだ。

リビング、寝室、トイレ、会社の机上に、歴史、芸術、小説、科学、SF、エッセイ、宗教、哲学と。脳に刺激を与え、感性を磨くのに役立つという。

目次

  • 第1章 「速読」かつ「多読」の読書術
  • 第2章 人生は、読書でもっともっと面白くなる!
  • 第3章 忙しい人ほど本を読んでいる!
  • 第4章 実践!「超並列」読書術

お薦め度

★★★☆☆

文学作品や成功本は、読む価値はないとばっさり。また「読書メモを取らない」、「本は捨てない、借りない、貸さない」、「3色ボールペンを使うなどは言語道断」などの考え方も、賛否両論あるだろう。しかし、マイクロソフトのトップまで上り詰めた著者の強烈な読み方は-そして垣間見える強烈な生き方は-刺激になる。

2012年02月12日

富士通株式会社 柴田浩太郎(Kohtaro Shibata)

Kohtaro Shibata

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介をご本人の許可をいただいて掲載しているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です