図書紹介:4ページミステリー

  • 著者:蒼井 上鷹
  • 発行:双葉社
  • 価格:552円 + 税
  • お薦め度:★★★★☆

概要

通常の文庫本サイズに60本。過程より結果、雰囲気より値段。

手品を楽しむより、すぐカラクリを知りたいというアナタにはぴったりかも…。

いろいろなタイプのミステリーが楽しめます。加害者・被害者・傍観者。

どの立場でゾクッとするのが好きなのか。自分のミステリーを読むツボがわかってしまいそう…。

目次

最後のメッセージ

ロック・オン

唯一の目撃者

…他57本

お薦め度

★★★★☆

「どうせアイデア1発ものが多いんでしょ!?」と訝しがる方のために言い訳しておくと、どうしてどうしてこれがまた良く練りこまれています。

まぁ、ただ4ページという制約上、あまりに削りすぎて、かなりの想像力を働かせなければならないものもありますけどね..日本人向けかな…。

2011年10月30日

富士通株式会社 柴田浩太郎(Kohtaro Shibata)

Kohtaro Shibata

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介をご本人の許可をいただいて掲載しているものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です