図書紹介:いのちをいただく

  • 文:内田美智子
  • 絵:諸江和美
  • 監修:佐藤剛史
  • 発行所:西日本新聞社
  • 価格:1,200円+税
  • お薦め度:★★★★★(★5つが最高)

概要

食肉加工センターの短い短い物語。

いのちをいただく物語。

お勧め度

★★★★★(5つが最高)

たくさんのいのちを奪い、そして、やっと生きている自分を、認めなきゃ..

子供に読み聞かせました。いい本です。

柴田 浩太郎 2010.04.08

富士通株式会社 柴田浩太郎(SHIBATA Kohtaro)

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介を許可をいただいて掲載しているものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です