• 著者:山田ズーニー
  • 発行所:筑摩書房
  • 価格:480円+税
  • お薦め度:★★★★☆(★5つが最高)

概要

想い通じさせるためには、5つの基礎があるという。(P10)

  1. 自分のメディア力を上げる
  2. 相手にとっての意味を考える
  3. 自分が言いたいことをはっきりさせる
  4. 意見の理由を説明する
  5. 自分の根っこの想いにうそをつかない

メディア力とは「媒介する力」。この力を最大化するためには、まず信頼されるていること、そして相手との関係において伝え方を工夫することが必要である、と。

本書はこの5つの基礎をもとに、「人と通じ合うための技法」を掘り下げていく。

目次

  • 第1章 コミュニケーションのゴールとは?
  • 第2章 人を「説得」する技術
  • 第3章 正論を言うとなぜ孤立するのか?
  • 第4章 共感の方法
  • 第5章 信頼の条件

お勧め度

★★★★☆(★5つが最高)

「コミュニケーションに関して、とりあえず書いてみようか」というような上っ面の本ではない。まだ無名に近かった著者自身の情熱の本である。この1冊にかけている想いが伝わってくる。

柴田  浩太郎 2010.1.28

富士通株式会社 柴田浩太郎(SHIBATA Kohtaro)

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介を許可をいただいて掲載しているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です