図書紹介:この人はなぜ自分の話ばかりするのか こっそり他人の正体を読む法則

  • 著者:ジョーエレン・ディミトリアス
  • 訳者:冨田香里
  • 発行所:ソニー・マガジンズ
  • 価格:700円+税
  • お勧め度:★★★★☆(★5つが最高)

概要

著者は、陪審コンサルタントというちょっと変わった職業に就いている。

その職業とは、アメリカの陪審員制度において、12人の陪審員を選出すること。

1万人以上の陪審員候補者と向き合ってきた。

その職業上の経験をもとに著者は「人の正体を読む法則」を提示する。

法則の中身は、網羅的かつ詳細で膨大だが人を読むために本当に必要なことは、たった3つだという。好奇心、観察、そして努力だ(P316)

目次

  • 第一章 「人を読む」には準備が大切
  • 第二章 行動パターンの発見
  • 第三章 「第一印象」を読む
  • 第四章 「環境」から人を読む
  • 第五章 内容ではなく話し方が大切
  • 第六章 質問の仕方を考える
  • 第七章 なぜ、そういう言い方をするのか
  • 第八章 言っていることより、していることを見よう
  • 第九章 見かけ通りではないこともある
  • 第十章 内なる声に耳を傾ける
  • 第十一章 自分を鏡で見る
  • 応用編 素早く決断するために

お勧め度

★★★★☆(★5つが最高)

こんな千里眼を持った人には、恐くて近づきたくないというのが正直な気持ちである。

特にこの一文に触れたときに そう感じた。

言うことと、することが一致していない人を見る場合、私はすること、つまり選択したことに重きを置く。選択したものを見れば、価値観がわかる。言葉に表現されたことは価値観ではなく願望をあらわす。(P273)

背筋が寒くなる思いだ。

柴田 浩太郎 2009.9.26

富士通株式会社 柴田浩太郎(SHIBATA Kohtaro)

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介を許可をいただいて掲載しているものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です