• 著者:エリヤフ・ゴールドラット
  • 訳者:三本木 亮
  • 発行所:ダイヤモンド社
  • 価格:1,600円+税
  • お勧め度:★★★★★(★5つが最高)

概要

小説です。

社会人大学において、先生と生徒が一緒になって実際の現場 - ITプロジェクトの現場 - に適応できる手法を学んでいくという物語です。

…とにかく有名な本なので、

「この本を読んで、制約理論 (クリティカルチェーンの源である理論)を勉強するぞ」

と、気合を入れる人が多いと思いますが、なるべくリラックスして読むことをお奨めします。

その方が精神的にもいいし多くの気づきを得られると思うので…

目次

  • 第1章 プロジェクト・マネジメント
  • 第2章 象牙の塔
  • 第3章 スループット・ワールドへ
  • 第4章 ロジャーの挑戦
  • 第5章 夕食会
  • 第6章 クリティカルチェーン

お勧め度

★★★★★(★5つが最高)

著者の提唱する制約理論ははたして、プロジェクトマネジメントにも適用が可能なのか?

答えは、やはりYESで。

柴田 浩太郎 2009.9.21

富士通株式会社 柴田浩太郎(SHIBATA Kohtaro)

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介を許可をいただいて掲載しているものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です