Agile Japan 2016公認レポーター、浦山さつき

アジャイルのプラクティスで楽しい人生を!:Agile Japan 2016 公認レポーター 浦山 さつき

2016年5月31日に開催されたAgile Japan 2016の模様を発信してくれる公認レポーターを紹介します。

Agile Japan 2016 公認レポーター 浦山 さつき

Agile Japan 2016公認レポーター、浦山さつき「週に40時間を費やす仕事の時間。それが楽しければ、人生も楽しい!」

そう思って、仕事が楽しくなるためのヒントをいろんなところからもらっています。
アジャイルの考え方もそのひとつ。チームが一丸となっていい製品をつくるための仕掛けには、毎日の仕事を楽しくするための秘密が詰まっています。

Agile Japanで現場の声を聞き、私の現場もアジャイルで楽しくしていきたいと思っています。

プロフィール

プライベートは、おいしいものハンター。
仕事では、株式会社ウェブレッジで、社内教育のしくみづくりや講師をしています。去年まではエンプラやWebの現場で、テストや自動化を担当していました。

テスト自動化研究会、しなてす所属。ソフトウェアテストのワークショップWACATEの常連。『システムテスト自動化 標準ガイド』(Mark Fewster、Dorothy Graham、翔泳社、2014年)訳者のひとり。

東北出身の東北大好きっ子で、JaSST東北の実行委員もやっています。みんな来てね!

執筆レポート

http://www.manaslink.com/satsuki-urayama


Agile Japan 2016

Agile Japanとは

レポートコーナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジャイルのプラクティスで楽しい人生を!:Agile Japan 2016 公認レポーター 浦山 さつき」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です