• 著者:西脇 資哲
  • 発行:翔泳社
  • 価格:1,800円 + 税
  • お薦め度:★★★☆☆

概要

差し詰め「IT業界の実演販売人」といえば分かりやすいか。

著者曰く「エバンジェリストとは、お客様やパートナー様に必要とされる最新のテクノロジーを、わかりやすく具体的に~カッコよくセクシーに~説明する人」であると言う。

著者はこの職業を通じて得たノウハウを読者に提示する。

プレゼンテーターに求められていることは、伝わるか否か(P14)

配布しないスライドというのは注目される(P84)

うまくいかないときのためにバックアッププランを用意する(P110)

目次

  • 第1章 プレゼンテーションとは
  • 第2章 対象の特定
  • 第3章 テーマ・シナリオ
  • 第4章 スライド作成、デモ作成
  • 第5章 当日までの準備
  • 第6章 本番
  • 第7章 その後
  • 第8章 プレゼンハック100

お薦め度

★★★☆☆

講演を聞けば面白いのかも。が、本としては編集不足。

究極のプレゼンハック100という副題も泣いている。

2013年4月6日

富士通株式会社 柴田浩太郎(Kohtaro Shibata)

Kohtaro Shibata

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介をご本人の許可をいただいて掲載しているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です