■読者自身が考え、取り組んでもらう仕組みを本に

2013年3月26日『わかりやすいアジャイル開発の教科書』が発売されました。

TextbookAgile_cover

アジャイルの理論を文字数を割いて解説することよりも、読者のみなさんに考え、取り組んでもらう仕組みを本にしてみました」(著者・西河さんのブログより)という思いの込められた本書は、開発現場で多くの方がぶつかるであろう、「なぜ?」「どうして?」を丁寧に解説しています。

随所に盛り込まれたイラストは、西河さんと前川さんが原案を提供されたとのこと。アジャイル開発の資料作りに役立つイラスト集ということで、公開されています。

アジャイルってなに?結局どうしたらいい? ―そんなもやもやを感じている方はもちろん、多くの方に手にとっていただきたい書籍です。

もっと知りたい!わかりやすいアジャイル開発の教科書

◎情報発信・交流

読者交流用にFacebookページが用意されています。執筆裏話なども掲載されており、オススメです。

◎イベント

祝「わかりやすいアジャイル開発の教科書」出版記念!著者お三方を囲む会

Ustream放映『わかりやすいアジャイル開発の教科書』出版記念セミナー

  • 開催日:2013年4月19日
  • 詳細は、後日、告知予定だそうです

◎著者:西河 誠さん

Agile Japan実行委員、2012年からは実行委員長を務めています。ファシリテーショングラフィック(ファシグラ)のエキスパートでもあります。

Agile Japan

◎著者:前川 直也さん

PFI(プロジェクト・ファシリテーター協会)理事、Agile Japanの実行委員を務めています。

◎著者:細谷 泰夫さん

XPJUG関西スタッフ(2010年までは代表)、アジャイル同人誌『UltimateAgileStories』の編集長を務めています。

アジャイル同人誌『UltimateAgileStories』

◎掲載Blog

5 Replies to “【書籍紹介】わかりやすいアジャイル開発の教科書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です