図書紹介:奇跡のリンゴ

  • 著者:石川拓治
  • 発行所:幻冬舎
  • 価格:1,300円+税
  • お薦め度:★★★★☆(★5つが最高)

概要

農薬を使わないリンゴ作りを目指した一人の男の物語。表題にある奇跡はその輝かしい結果ではなく、その泥臭い過程に対して贈られた言葉。

目次

  • まえがき
  • 奇跡のリンゴ
  • 木の上に広がる青空

お勧め度

★★★★☆(★5つが最高)

期待する成果は出ず、出口はいつまでたっても見えない。そもそも出口があるのかさえも分からない。人が離れ、お金が尽き、良かれと思ったことが裏目裏目となる。時間とともに全てが失われていく..

常識を覆すことはこんなにも大変なことなのか。

家族も親戚も近所も良く我慢したものだと思う。そしてそのリンゴの木も。

柴田 浩太郎 2011.3.19

富士通株式会社 柴田浩太郎(SHIBATA Kohtaro)

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介を許可をいただいて掲載しているものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です