【球春到来】WBC日本代表、準決勝進出おめでとう!:頑張れニッポン!WBC2013観戦記(1)

時間とお財布の都合がついたら、(アスレチックスの応援ついでに)サンフランシスコに行ってWBC日本代表を応援したい中川です。
まあ、行けないんですけどね。

3月2日の福岡ラウンド開催を皮切りに、アジア、南米、北米各地域で熱戦を繰り広げているワールド・ベースボール・クラシック(通称WBC)、私もその熱気に乗るべく、第2ラウンド2回戦「日本vsオランダ」を見に行きました!

 

■はじめてのWBC

東京ドーム球場
約1年ぶりの東京ドーム

第2ラウンドは「ビッグエッグ」(死語)こと東京ドームでの開催。
ここに来るのは、昨年春開催のMLB開幕戦「マリナーズvsアスレチックス」2連戦以来、約一年ぶりです。

ご存知と思いますが、私はここマナスリンクで、野球+仕事+食べ歩きを語る連載(食べ歩きSEの「野球っぽいお仕事の話」)を持つぐらい、野球(とおいしいご飯)が大好きです。

で・す・が!
……ほとんど球場に行かないんです。

球場でメガフォン持って叫んだり、皆で応援歌を歌うのがジャパニーズ野球観戦スタイルですが、私のような情報オタク(他称。最近よく言われるけれど自覚なし)になると、
「井端、ファールで5球粘った後、6球めをライト前!」
「イチロー、キャッチャーのタッチをかいくぐってホームイン!」
「キューバ監督、バナナを食べ始める!!」
といった一球中継で十分楽しめるんです。

もちろん、時折行くボールパークはワクワクしますけどね!

 

■オランダは野球強豪国です(ココ、テストに出ます)

オランダ練習中
オランダ練習中

本来なら日本代表に触れるべきでしょうが、あえてオランダで。(日本代表の練習中、メシ食ってたもんで)

私がオランダ戦を見に行った理由の一つに、メジャーリーガー予備軍のチェック
があります。
日本の野球と同じく……いや、それ以上にメジャーリーグが大好きな私。オランダ代表の選手を楽しみに、わざわざ内野指定B席¥7,000を買ったのです(高いよなあ……)。

オランダといえば、サッカーのイメージがありますが、中南米、大西洋に浮かぶオランダ領の島々から、何人かのメジャーリーガーを輩出しています。
今回の代表も、メジャーで400本以上のアーチを放ったアンドリュー・ジョーンズ外野手(元ブレーブス、今季は日本の楽天でプレー)、マリナーズではイチローのチームメイト、来日後は2年連続本塁打王に輝いたウラディミール・バレンティン外野手(東京ヤクルトスワローズ)と、他の国に引けをとらない選手層です。

 

■要チェック!未来のメジャーリーガーたち

お目当てその1:アンドレルトン・シモンズ

この選手は既にメジャーデビューを果たしています。

武器は、俊足と強肩を生かした守備力(とにかく守備範囲が広い!)、そして選球眼(ストライクを見極める力)と確実性を兼ね備えた打撃力。
私のイメージでは「パワーに欠けるけれど守りは堅い中島 裕之オークランド・アスレチックス)」。

オランダ代表唯一のメジャーリーガー(楽天ジョーンズは「元」ですから!)で、好守の一番ショートとして、ここまで良いプレーを続けています。

お目当てその2:イグザンダー・ボガーツ

ボストンではショートを守っていますが、前述のシモンズの守備力を生かすため、代表ではサードに起用されています。

ボストンで一番、メジャー全体でも10本の指に入るトップ・プロスペクト(有望若手選手)で、将来オールスター出場は固いと言われています。
私のイメージでは「若いころの中田 翔北海道日本ハムファイターズ)」

打撃のパワーと強肩は評価されていますが、内野手としてのセンスは評価されていません。私も観戦前に「彼は内野より外野向き」という情報を聞いていましたが……。なるほど、納得です(左右の動きが悪いのです)。

WBCでは攻守共に前評判ほどの結果は出ていませんが、そろそろ打撃が爆発するのでは!?

 

■大花火大会+キレッキレのスライダー=ビールがうまい!

ビールが旨い!
ビールがうまい!

まさかのパワプロクン(野球ゲームシリーズ「実況パワフルプロ野球」のキャラクター。左投げ)の始球式で試合が始まりました。
試合の展開は……解説不要ですね。

阪神ファンとして愛してやまない鳥谷 敬選手の先頭打者アーチから始まり、メジャーリーグの記者が「彼はメジャーのオールスター級だぜ!」とつぶやいた前田 健太選手の好投の前にオランダ打線は沈黙。守っても3エラーと精細を欠いたオランダ代表を圧倒した侍JAPANは、見事準決勝、サンフランシスコ行きの切符を手に入れました!パチパチパチ。

普段は、朝〜昼にコーヒー片手にネット中継でMLBを見ることが多い私、久しぶりに味わう「生観戦で生ビール」の味は格別でした。最近、健康診断で「(コレステロール的な意味で)経過観察」と言われたばかりですが、この日ばかりは、肉モノは控えつつビールを楽しみました♪

 

■お目当ての選手の活躍は?

期待していたシモンズボガーツですが、シモンズはヒットを放つも、守備では、らしくないエラー(たしか失点に繋がった)。ボガーツは打てない守れない状態で、途中からベンチに引っ込んでしまいました(涙)。

ボガーツは、良さがカケラもわからないままでしたが、シモンズはいい選手ですね。出塁率も高そうですし、是非ともアスレチックスに来ていただきたいです!(ぇ

ちなみにオランダ代表の見どころは、二番手の内海 哲也選手(読売巨人)を攻略したバレンティンジョーンズのバッティングぐらいしかありませんでした。
あ、ジョーンズは日本でも活躍すると思いました!メジャーでは、衰えが顕著でスタメンを張れない状態ですが、日本ならやっていけそうだなと。まあ、タイムリー後の挟殺アウトはなんやねん!でしたが(笑)

 

■3つめの栄冠はどのチームに!?

今、キューバvsオランダの試合を見ながらこの記事を書いています。
9回オモテ6-6の同点。

見たいのはオランダ、現実的にはキューバかなあ。
オランダ代表が進出した場合は、是非ともショートのシモンズに注目してください!(ボガーツはいいです。)

一方、プエルトリコとアメリカで行われた第1ラウンドが終了し、プエルトリコ、ドミニカ共和国、イタリア、そして開催国アメリカが準決勝進出を懸けて争います。

私は、日本人としても野球好きとしても日本の三連覇を期待!!!!
……しつつ、どうか決勝は「日本vsアメリカ」「日本vsドミニカ」のどちらかが見たいなあ、と思っています。ドミニカかアメリカのどちらかが、ポカやりそうな気がしないでもないですが。

次回は、食べ歩き連載、またはWBC準決勝・決勝展望記でお会いしましょう♪
おやすみなさーい。


@shinyorke
書き手:中川 伸一

※好評連載中!食べ歩きSEの「野球っぽいお仕事の話」

このエントリーをはてなブックマークに追加

【球春到来】WBC日本代表、準決勝進出おめでとう!:頑張れニッポン!WBC2013観戦記(1)」への1件のフィードバック

  1. 今更ながら、こんなの書きました。オランダなぜ強いの?って気になる人はぜひぜひ! 【球春到来】WBC日本代表、準決勝進出おめでとう!:頑張れニッポン!WBC2013観戦記 http://t.co/Dl1x6NT25B #wbc #mlbjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です