3日間がっつりプレイはかなわず。

どこかのぱんだです。

先日シムシティの発売直後の様子を記事にしたわけですが、その後サーバーのトラブルが続出したようですね。

ぱんだはその様子をTwitterで知っていたため、金曜日昼間のプレイは諦めていました。夜になって立ち上げてみましたが、「認証に失敗する」「作っていた街がなくなった」「都市を新たに作ろうとすると失敗する」などなど、やはりまともにプレイできる状態ではありませんでした。

土曜日になってだいぶ落ちついてきたようで、サーバーによってはプレイできる状態になりました。アップデートによってゲームスピードの最高速がでなかったり、ランキングなどの機能が一時的に利用できなくなったりしていますが。完全復活が待ち遠しいところです。

予約購入者には今回のお詫びとしてEAのゲームが1本無料でダウンロードできるようにする対応がとられるようですが、シムシティ以外にやりたいものはないので個人的にはあまりありがたくありませんです。

プライベート地域で再び遊ぶ

さて、そんなわけで比較的安定してそうなサーバーでプレイを再開しました。今回も練習用にプライベート地域として遊びます。都市が3つしか作れない最も小さい地域を選んでスタートです。

ちなみにサーバーは「西欧6」、アカウントは「dokokano_panda」なので一緒に遊んでくれる人はぜひフレンド申請をください。

ここからはプレイ画面のスクリーンショットを交えつつ。ちなみにゲーム中「C」キーでスクリーンショットを撮ることができ、ドキュメント以下のSimcityフォルダに格納されます。

道路の密度が建物の密度を決める

Spark_2013-03-10_21-31-01

こちらは3都市のうちのひとつ、貿易系で特化させる予定の街の様子です。

本作から登場した「特化」は、都市の方向性を決める重要な要素。「貿易」や「ギャンブル」などの分野があります。その地域の資源状況に左右される「鉱業」もあります。資源系はすべて発掘してしまうと産業の転換を迫られるなど、なかなか奥が深いですね。

とりあえず周辺環境を整えていかないと特化も何もないので頑張って発展させるわけですが、道路の密度が建物の密度に関係していまして、人口増のためにはより高密度な道路にしなければなりません。とは言え序盤はお金がないため低密度で作りつつ、今作から登場した道路の「アップグレード」によってより高密度な道路に張り替えていくことになります。

マニュアルちゃんと読んでいなかったぱんだは、しばらく低密度のままだったためなかなか街が発展せずでしたが、医療や教育の整備をした上で道路を張り替えたらこの通り急成長を始めたのでした。夜景キレイですね夜景。

都市は並行しながら作った方がよさげ?

Spark_2013-03-10_22-01-26

こちらは石油と鉱山の街でございます。高台から角度を調整すると遠くに他の2都市が見えますね。

採掘した石炭や石油などとも絡むのですが、本作は1つの都市に注力するよりも他の都市と協調させながらの方が発展させやすいです。例えば石油なら石油発電でも使い切れない量は貿易センターを通して他の都市に輸出することができます。その他にも電力や水道の売買、余力のある警察や消防などの提供、高速道路や鉄道を使っての労働者の移動など、他の都市と絡む要素が多くなっています。

というわけで公開マップなら人がそれなりにいるところ、一人でやるでも複数都市を並行で、がよいかと思います。

予約特典で楽しむ

Spark_2013-03-10_22-20-53

今回のシムシティ、限定版やデジタルデラックス版などの種類や事前予約をしていたかどうかで特典内容が変わっています。

こちらの公園はその一つ。Originでデジタルデラックス版を予約していた人がもらえる「プラムボブ公園」です。

いずれこのようなモジュールがいろいろ追加されていくのでしょうか。MOD/BATの存在がシムシティ4の長期に渡る人気を支えた要素のひとつでしたが、本作ではどうなるのか。データ自体は4と互換があるみたいですが、3Dモデルの方は作り直しですからね。また、サーバーを介してどのように組み込んでいくのか。

シムシティが好きなだけの人間としては、お詫びにEAのゲーム1本くれるより、この公園のような追加モジュールくれた方が嬉しいです。

人口10万人に注意!

Spark_2013-03-10_22-45-29

こちらは商業と観光の街にしようと思って作っているものです。

しかし、何故かやたらと住宅が伸びまくりになり、3都市の中で最も住宅用高層ビルが立ち並び、人口が10万人を超えてきました。不思議です。

そして10万人を超えたあたりで電力、水道、下水がパンクしました。増設しようにもお金がたまるのを待たないといけませんし、ガリガリと区画を広げていたので土地がありません。

今回のシムシティ、とにかく1都市の広さがやたらと狭いです。感覚で言えばシムシティ4の小マップより更に狭い印象を受けます。

なのである程度の人口増や増設を見越して作っていかないといけません。それでも足りなければある程度区画をふっ飛ばして再開発するしかありません。

このあたり、マップの狭さは開発者が狙ってやっているような気がしないでもないです。

こんな道路も作れます。

Spark_2013-03-10_22-49-42

こちら先ほどの街を別角度からみたところです。

無駄に曲線を多用して作ってみました。今作道路の作り方にはだいぶ柔軟性があります。とは言え区画が設定できるのは道路沿いなことと、建物の増設や密度も絡むので、あまり無理もできませんが。

景観都市派の職人にはなかなか嬉しい仕様だと思います。マップの狭さが制約になっちゃいますけどね。

シムはどこまでも

Spark_2013-03-10_22-54-52

というわけでぱんだのシムシティ練習プレイレポートでした。最後は商業と観光の街の夜景バージョンです。とにかくグラフィックが美しい今作。眺めているだけで幸せになれます。そしてBGMがこれまたいいのです。

サーバーの問題はまだまだありますが、それでもプレイできればやはり楽しさは一級品。興味を持たれた方はぜひ一緒にプレイしましょー。

でわまたー。

One Reply to “【プライベート地域で】ぱんだのシムシティ日記【遊んでる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です