• 著者:百田 尚樹
  • 発行所:講談社
  • 価格:876円+税
  • お薦め度:★★★★★(★5つが最高)

概要

この本の読む際は、3人の心の動きを感じながら読むと良い。零戦パイロット、彼の孫、そして読者自身の。

目次

  • プロローグ
  • 第一章 亡霊
  • 第二章 臆病者
  • 第三章 真珠湾
  • 第四章 ラバウル
  • 第五章 ガダルカナル
  • 第六章 ヌード写真
  • 第七章 狂気
  • 第八章 桜花
  • 第九章 カミカゼアタック
  • 第十章 阿修羅
  • 第十一章 最期
  • 第十二章 流星
  • エピローグ

お勧め度

★★★★★(★5つが最高)

事前に「戦闘機の空中戦(ドックファイト)」と「日本軍の敗北への邁進」についての予備知識があった方が、より深く理解できると思う。

私の情報ソースは「エリア88」と「失敗の本質―日本軍の組織論的研究」。こちらもあわせてどうぞ。

柴田  浩太郎 2010.11.11

富士通株式会社 柴田浩太郎(SHIBATA Kohtaro)

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介を許可をいただいて掲載しているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です