図書紹介:数学ができる人はこう考える

  • 著者:シャーマン・スタイン
  • 訳者:冨永 星
  • 発行所:白揚社
  • 価格:2,500円+税
  • お薦め度:★★★★☆(★5つが最高)

概要

難しい数式は出てこない。身近な問いも多い。著者の思いはこうだ。

この本を書くにあたって、2種類の読者を想定した。小学校5年生までは数学が好きだったのに、嫌な目にあってそっぽを向いてしまった人々と、いわゆる数学マニアだ。(P7)

「数学は美しい」。その信念の下に数学者は行動する。..少し試す。傾向を予測する。問題を言い換えてみる。狭い範囲に限定する。広い範囲まで拡張する。積み上げる、積み上げる、積み上げる。確かめる、確かめる、確かめる..

目次

  • 第1章 針を投げたり、麺を投げたり
  • 第2章 2点差がつけば勝ち
  • 第3章 完全な三角形
  • 第4章 スランプと絶好調
  • 第5章 繰り返しのない列
  • 第6章 得票を数える
  • 第7章 無限を数える
  • 第8章 そっくりさん

お勧め度

★★★★☆(★5つが最高)

数学ができる人にお目にかかることはめったにない。運良く見つけたととしても、彼らは一般的に寡黙で何を考えているのかわからない。この本はそんな人たちの頭の中を、こっそり覗いて見た気にさせてくれる。

柴田  浩太郎 2010.10.27

富士通株式会社 柴田浩太郎(SHIBATA Kohtaro)

社内プロジェクトマネジメント研修の企画・開発・講師・運営を担当。食べ物は、お好み焼き、たこ焼き、焼きソバなどソース系全般を好む。

※このコーナーはこうたろうさんが知人宛にメール配信されている図書紹介を許可をいただいて掲載しているものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です