[8/16] アジャイルサムライ黙示録〜日本からの参加者によるカンファレンス振り返り3〜4日め – Agile2012 現地レポート(24)

後半戦3〜4日めの振り返りです。

※注:臨場感を残すため、参加者以外に伝わりづらい表現の補足以外は、原文のまま載せています。

 

■3日めKPT

Keep

  • ランチが野菜中心のメニューで、ようやくビタミン補給できた。
  • これはダメだと思ったら退室する勇気をもてた。
  • みんなが出ているセッションは、後でフィードバックをもらって別の行きたいセッションに行く選択もあり。
  • ワークショップに再挑戦してみたが、なんとかなった。
  • 参加者やスピーカーなど比較的多めにコミュニケーションとれた。
  • いろいろミーティングできた。
  • 外国人席だらけのワークショップに参加して、知り合いを増やしてきた (まだフレンド未満)。
  • ほぼ朝から晩までコード書いてた、満足。
  • OpenJam に挑戦できた、一コマ実施。

Problem

  • 眠気が出たので途中で離脱してしまった。
  • セッションタイトルにつられると、いいことはない。
  • その日のうちに記事を書ききれなかったこと。
  • 疲れてきた!眠い!
  • ケーキは意外と強い。
  • ワークショップを調子に乗ってやりすぎないこと (後で体に出る)。

Try

  • パーティーで日本人が優勝する (何で!?)
  • インプットとアウトプットの時間のバランスを考える。
  • もう終わったようなものなので、あとはリラックスしつつ記事を書きたい。


 

■4日めKPT

Keep

  • How to change the world のセッションが面白かった。
  • 謎の CTO 他数名と仲良くなった。
  • プールで隣にいたジョナサンに話しかけられる (気づいてなかった)。
  • 実は大抵のワークショップでは、Observer 席が用意されている。
  • 表サイトのガイドだけでなく、submission を見ると先に内容を把握できる (とハズレを避けられる)。
  • 上着を持ってきた。

Problem

  • 疲れが溜まってきた気がする。
  • Texas (会場の部屋の名前) の空調が寒すぎる。

Try

  • パーティーではじける。


 

■所感

5日間の長丁場のため、自分のペースを見つけることが大事なようですね。特に食事が合わなかったり、空調が強かったりするので、無理をしないことが重要なようです。

後半戦になると、1,500人近くの参加者がいるとはいえ知り合いも増えてきて、よりカンファレンスの楽しみが増していくようです。


レポート:アジャイルクローバーZ・及部 敬雄

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です