2011年2月4日に東京Ruby会議05が開催されます。

■東京Ruby会議05とは

東京Ruby会議は東京で5回目の開催となる地域Ruby会議です。

地域Ruby会議とは、2008年から全国各地で開催されている、プログラミング言語Rubyのカンファレンスです。

この東京Ruby会議05が地域Ruby会議としては30個目の開催です。

参考:地域Ruby会議公式サイト:http://regional.rubykaigi.org/

■開催概要

東京Ruby会議は東京で5回目の開催となるRegional RubyKaigiです。

「もっと会議を、もっと対話を、もっと挑戦を」をテーマとし、より多くのRubyistがしり込みすることなく、アクティブにイベントや集まりに参加できるようなきっかけとなるべく、参加者同士の話し合いを中心に据えて、知識の伝達、文脈の共有、問題の解決などといったことを企図しています。

そこでまず『たのしいRuby』の著者であり、 日本Rubyの会会長でもある高橋征義さんにRubyのたのしさについてお話していただこうと思います。

自分たち東京05のスタッフも含め、まだまだ駆け出しのRubyistはたくさんいるのではないでしょうか。

高橋さんを囲んで、もっとRubyをたのしみたい!という発展途上なRubyistのみなさま、いっしょにKaigiしに来ませんか

■開催情報

■タイムテーブル

  • 19:30~20:00 開場
  • 20:00~20:05 オープニング
  • 20:05~21:00 トークセッション 語り手 高橋征義さん「Rubyのたのしさについて」
  • 21:10~22:30 テーマトーク
  • 22:30~22:45 クロージング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です