[早版] 東京「小さく早くがモットー!」 – Agile Japan 2012レポート(2)

「小さく早くがモットー!小さな会社(組織)で、良いサービスを作るための開発スタイルとそれを支える技術」

橋本 圭一氏、山崎 泰宏氏、小川 信一氏、砂金 信一郎氏
セッション詳細


 

東京サテライトでの事例セッション2では、「小さく早くがモットー!小さな会社(組織)で、良いサービスを作るための開発スタイルとそれを支える技術」というテーマで、45分間のパネルディスカッションが行われました。

パネリストは、経営者としてシグマコンサルティングの橋本さんとあくしゅの山崎さん。技術者としてトップゲートの小川さんが登壇し、日本マイクロソフトの砂金さんがモデレータを担当されていました。

ディスカッションテーマはさらに以下の3つに分解されています。

  1. どのくらいのスピード感で仕事をしていますか。
  2. どうやってスピード感をだしていますか。また、チームを小気味よく回す方法は
  3. 変化に追随できる開発基盤や技術とは。

 

1.「どのくらいのスピード感で仕事をしていますか」(回答者:橋本さん、山崎さん)

  • 橋本さん:
      2日に1度くらいは改善リリースができている。受託して作り上げるのではなく、サービスとして貸して売上に応じて報酬を得る仕組みを導入しているため、主体的な開発が可能となり、それがスピードにも繋がっている。
      また、ビジネスから関わっているので、予測していない要求が顧客から突然ふってくるということもほとんどない。
  • 山崎さん:
      他社との機能比較表を作ると、自社は×が多く一見劣っているように見えるが、顧客と話し合いながら、顧客に必要な機能だけを増やすことで効率の良い開発ができている。
      また、自社開発によって100%ソースコードを理解できているという点もスピードに繋がっている。

2.「どうやってスピード感をだしていますか。また、チームを小気味よく回す方法は」(回答者:橋本さん、山崎さん、小川さん)

  • 橋本さん:
      ポイントは3点。生産性が上がるツールなら迷わず導入する。顧客のパートナーになることで自主的に動く。顧客からの非効率な依頼が現場に届かないようマネジメントする。
  • 山崎さん:
      慣れたもの・良い道具(椅子やキーボードなど)を使うこと。「備えろ!」は言うが「急げ!」とは言わない。一発でうまくいく方法を考えるのではなく、何を学ぶためにエラーを起こすかを計画した上でトライ&エラーを繰り返す。
      また、社員に自由時間を与えることで無駄なくスピードが出ている。
  • 小川さん:
      Redmine、GoogleDocs、Lingerといったツールを駆使し、かつ、そこに顧客も参加してもらうことで全てを見える化でき、認識違いによる手戻りをなくしている。
      PaaS(GoogleAppEngine)を使うことも、迅速に開発できる要因の1つ。

3.「変化に追随できる開発基盤や技術とは」(回答者:橋本さん、山崎さん)

  • 橋本さん:
      クラウド導入により、準備の早さ・納品の早さ・投資回収の早さ・検証の早さが実現できている。こういったことが早くなると、自ずと意思決定の機会も多くなり、成長回数が増える。
  • 山崎さん:
      クラウドによって全てが自動化できている。ボタン1つでRedmineを構築するなど、ノウハウをドキュメントではなく”動く形”で蓄えられる。

そして最後に、1人ずつメッセージ。

  • 橋本さん:
      レイヤーや企業に関わらず、市場を知ってビジネスのゴールを全員で共有することで良い技術の組み合わせが生まれる。新しい価値を顧客と一緒に考え、迅速に動くことが大切。
  • 山崎さん:
      大企業の組織の中でもできることは必ずある。ダメな組織だから起業を考えるのではなく、今いる組織を最大限活用し、周りの環境を変えられるようになることが大事。
  • 小川さん:
      縛られていてもできることは多いはず。大手のやり方からも得られるものは多いので、それを生かしつつ顧客に信頼される仕事を。

 

あらかじめ回答者や発表内容が準備され、ディスカッションとはまた違う形でしたが、3者それぞれの熱い思いを聞くことができました。
ビジネス、マネジメント、技術、ツールといった多視点からアジャイル事例を知ることの出来るとても興味深い時間でした。


東京サテライト公認レポーター:鈴木 富美恵
(早版はスピードを重視した版です。内容の充実度よりもいち早く発信することを優先しています。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です