Agile Japan 2015

数多くのスポンサーセッションから、資料を事前に見てこのセッションに興味をもちました。期待どおりデータを用いたプレゼンは説得力のあるものでした。

Why Agile お客様にとっての価値Maximize

キーメッセージは投資対効果とすばやい対応が大切ということ。
これは常に変わらぬ要件でしょう。

さて、内容はVisual studio 2005 の経験ではbuildに3年から4年かかっていたが、正直これではビジネスの要求には答えられず、むろんよい影響ない結果であったこと。そこで、Visual studio 2008 で変革が訪れた。Build 2年という短期間で実現。ビジネスの求めるスピードについてゆけることだろう。スケジュールの延期は最小化され、予測できるスケジュールとなった。結果、顧客満足度向上に大幅に貢献できるということです。

ドラスティックな変化を生んだこのソリューションをもっと知りたい気持ちにさせるセッションでした。

Agile Japan 2015 C-3
(写真提供:Agile Japan 2015実行委員会)

もっと知りたい!Agile Japan

Agile Japanとは

レポートコーナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です