[8/4]【予告編】Agile2013開幕前夜:Agile2013 レポート(1)

Agileの夏、アメリカの夏。
今年もAgile Conferenceの季節がやってまいりました。今年はカントリーミュージックで有名な、アメリカはテネシー州のナッシュビルで開催されています。

今回は、Agile Conference(以下「Agile2013」)が始まるまでの様子を予告編としてお伝えします。

■圧倒的!大きな会場

Agile2013_ホテル-1
Agile2013_ホテル-2
Agile2013_ホテル-3
Agile2013_ホテル-4

昨年の会場も十分大きかったんですが(詳細はコチラを参照→[8/12] Agile2012の舞台 Gayload Texanホテル – Agile2012 現地レポート(3))、今年は輪をかけて、さらに大きな会場の「Gaylord Opryland Resort & Convention Center」で開催されています。

具体的にどの程度大きいかというと、

  • ホテル自体の大きさが昨年の倍以上
  • 部屋数だけで2,800以上
  • 会場内に川が流れていて、船の川下り(9ドル)というサービスを実施中

……数値化しても伝わりづらいのが歯がゆいです。

ちなみにこちらが、Agile2013が開催されるConvention Centerです。
Agile2013_会場全景

会場案内もあり。
Agile2013_This Way To Agile2013

■会場OPEN!

Agile2013_会場入口

毎年のことですが、朝昼晩3食が会場で提供されます。
なのでこのように、朝イチから各国のpractitionerたちとフランクに意見交換ができます。
Agile2013_朝食

こちらは、初日のトラック。
最大15前後のセッションが同時開催されています。
Agile2013_本日のトラック

おっ、昨年お会いした
Joseph YoderさんとLinda Risingさんと無事再会 🙂
お二人ともキチンと私を覚えてくれていたのがうれしい!
Agile2013_Linda and Yoder

■数字で見る今年のカンファレンス

速報値が入ったのでお伝えします。

参加者

  • 参加者:1,725名
  • 参加国:38カ国

過去最高の参加者数とのことです。日本人の正確な人数は不明ですが、20名前後は参加しているもよう。

セッション

  • セッション数:215
  • 最大同時並行トラック数:16

セッション発表申込関連

  • 発表申込数:1,110件
  • レビュアー数:89件
  • レビュー数:2,911件

過去最大規模のAgile2013。次回から、具体的な発表内容を少しずつお伝えします〜!

■会場の小ネタ

おもしろい自販機があったので、最後にご紹介します。
なんと、iPhoneやデジカメなどが販売されています!
Agile2013_ITの自販機

この画面を操作して、商品を購入するようです。
Agile2013_操作メニュー

販売されている商品の数々。
Agile2013_メニュー-1
Agile2013_メニュー-2
Agile2013_メニュー-3
Agile2013_メニュー-6

持ち帰って日本で使うのは難しそうですが、ちょっと試してみたい気がしますw

公認レポーター 伊藤 宏幸


もっと知りたい!Agile2013

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8/4]【予告編】Agile2013開幕前夜:Agile2013 レポート(1)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です