Agile Japan 2013 チュートリアルセッション T-1、オープニング


こんにちは、六辺です。
大盛況、Agile Japan 2013@東京の様子をお伝えします。セッション内容も人も濃く、ボリュームたっぷり大満足の一日となりました!

ともに創ろう、日本のアジャイル

■会場の様子:人がぎっしりみっちり

とにかくひとがいっぱい、満員御礼の状態でオープニングが始まりました。
スーツな方とカジュアルな方の比率は4:6くらいでしょうか。わたしはサンダル&ワンピースだったので、もうちょっとかっちりした方が良かったかしらと思いつつ会場をうろうろしておりました。
会場の様子

■チュートリアルセッション:アジャイルを現場に導入しよう!

西河さんによるチュートリアルセッションAgile Japan 2013@東京は幕を開けました。

改革は皆さんから、現場で体現して欲しい、というメッセージを伝えるため、にこにこカレンダー、スタンドアップミーティング、タスク看板、ペアプログラミングなどの実例が次々と紹介されました。
参加者の皆さんの現場には実はいろいろなプラクティスが隠れている、お菓子を置くことも一つのプラクティスだという言葉に、納得。わたしのおすすめは、お菓子箱に時々高額商品を混ぜることです。

なにより実践が大事です。まずはできることから、そう思わせる講演でした。
チュートリアルセッション

■つぶやきはじめる人々

早速、東京だけでなく各地のサテライト会場も含めた日本全国のつぶやきが流れ始めます。各地のつぶやきも見られ、全国各地のサテライト会場との一体感を感じました。togetterで早々にまとめを始める人も。さすが、素早い!
つぶやき始める人々

全国各地が繋がっているAgile Japan 2013のまずはオープニングレポートでした。
全国各地のサテライト会場

公認レポーター 六辺 香


もっと知りたい!Agile Japan

Agile Japan 2013

AgileJapan2013_Banner

参加レポート

Agile Japanとは

Agile Japanとは
AgileJapan年表

One Reply to “オープニング 人がぎっしりみっちり:Agile Japan 2013 レポート(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です