cover

「勝手にあの人紹介」被害者の会・てつ。

まったくもって酷い話である。
そして悔しいことに完敗である。
もうこの記事を書いている時点で、野口の哄笑が聞こえてくるようである。

きっと野口の頭の中は、こう(↓)である。

  1. コイツらを勝手に紹介するフリをして好き勝手なことを書いてやろう。
  2. んで、何人かが飲んだときにこの連載の話になって「被害者の会」とか結成するんだろーな。
  3. そして自己顕示欲の強い書きたがりぃの奴らは、反撃を考えるはず……
    それも「みんなで同時多発テロのように、勝手に野口紹介しようぜ!」なんてな。
  4. そしたら、ManasLink ONLINEに一気に何本も記事が掲載できるぜ。しかも全部、俺の紹介記事や。ひゃっほーい!

……おい、おまいら!そして俺!まんまと野口の策略にハマってるんじゃねーぞ(怒。

そうやって、相手に手の平の上で転がされる快感を与えながら、いい大人を自由にあやつる。それが野口である。まったく……愛すべき腹黒編集者だ。
しょうがないから、彼が書いてくれた紹介記事に呼応する形で、少し彼のことを書く。

彼は、「いつどこでどうやって出会ったのか。」などと書いているが、僕の記憶では、やはり鳥一代(まだその時代は本店しかなかった!)で出会い、確かその翌週にサシ呑みをした。今の僕が「イベントや勉強会などで出会った人で、気になった人とは一ヶ月以内に機会をつくって個別に会う」「初めて行って気に入った飲み屋には、一週間以内に再訪する」ことを心がけているのは、この野口との出会い&翌週サシ呑みという経験がきっかけになっている。

そんなのを覚えていないはずはないのに、「いつの間にかの関係」とサラリと書いてしまうのは、きっと彼なりの照れ隠しなんだな。

それにしても、酷い話である。ほんとに……被害者の会より愛を込めて。

noguta_証人喚問す4


「勝手にあの人紹介」被害者の会とは?

Manaslink腹黒編集長野口隆史による身勝手連載「勝手にあの人紹介」に勝手に紹介された方たちが、立ち上がり結成しました。
勝手にあの人紹介被害者の会

これまでの被害の模様

腹黒い被害の全容

One Reply to “まったくもって酷い話である:勝手に腹黒編集長紹介(6)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です