五十六メソッドの黒い使い手:勝手に腹黒編集長紹介(2)

cover

「勝手にあの人紹介」被害者の会・あまのりょー

皆さんは「五十六メソッド」をご存知でしょうか。
角野 泰次氏が衝撃的なライトニングトークとともに世に紹介したもので、「褒めるの0円」を合言葉に、承認欲求に働きかけて現場のモチベーションをあげ、コスト0で生産性アップをはかるすばらしいメソッドです。

この五十六メソッドの黒い使い手が野口さんです。

野口さんと飲んでいて、最近の想いや出来事を語っていると、「いいですねぇ」とか「面白いですねぇ」と五十六メソッドを駆使した合いの手を入れられ、すっかりいい気分になったところで「ところで、それいつ記事にしましょうか」とスッと入り込んでくるのです。思わず「じゃあ近いうちにね」などと言ってしまったらもう野口メソッドの術中にはまっています。次の日必ず「昨日書くって言いましたよね」というメールがやってくることになります。

野口さんが当時編集長をしていた『エンジニアマインド』という雑誌のVol.2に角野さんが書かれた五十六メソッドの記事も掲載されているのですが、きっと、その時に五十六メソッドを習得して黒い応用をしているのだと思われます。

さて、昨年のことになりますが、やはり野口さんも一緒にパクチーハウス東京というパクチー専門店に行った時のこと。
パクチーをむしゃむしゃ食べる素敵な友人たち(パクチーモヒートお勧めです!)に囲まれて幸せな気分の私は、店に置いてあったパクチーのかぶりものを意気揚々とかぶったのでした。

後日、野口さんからその画像を添付して「著者近影画像ができたので、あとは記事を書くだけですね!」というFacebookメッセージがやってきました。もうその策には乗らないぞ、と固く決意した私は、これをスルーしていたのですが……。
なんとその画像を使って「勝手にあの人紹介」という連載を始めるという暴挙に出たのです。その後の暴走っぷりは皆さんも御存知の通りです。

我々エンジニアの世界には「欲しいものがなければ自分で作っちゃえばいいじゃん」という精神がありますが、今回もそれを習得して黒い応用をしたのだと思われます。これからも、野口さんはエンジニアの世界からいろんなものを取り込んで暴走を続けていくことでしょう。

そう、「野口」という怪物をはぐくんでしまったのは、我々なのです。

これを読んでいるあなたもいつかその被害に会う日がやってくるかもしれませんが、そのことは忘れてはなりません。

noguta_食す


「勝手にあの人紹介」被害者の会とは?

Manaslink腹黒編集長野口隆史による身勝手連載「勝手にあの人紹介」に勝手に紹介された方たちが、立ち上がり結成しました。
勝手にあの人紹介被害者の会

これまでの被害の模様

腹黒い被害の全容

このエントリーをはてなブックマークに追加

五十六メソッドの黒い使い手:勝手に腹黒編集長紹介(2)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です